ファイナルプランナーに保険見直しを相談しよう!

ファイナルプランナーに保険見直しを相談する

保険見直しは大切なこと

保険貧乏という言葉があります。家計に対して保険料の支払いが多くなってしまい、保険料が家計を圧迫している時に使われる言葉です。そんな方に必要なのは保険の見直しです。保険はお守りと言われますが、お守りといってもお金を扱う商品です。保険は入る側にとってみればとても高い買い物です。月々に換算するとそれほど高く感じないこともしばしばですが、不慮の事故などよほどの不幸がない限り、保険が短期的にお金を保証してくれることはまずありません。それなりのお金を払って初めて安心が買える商品です。そんな高い買い物が無駄かというと、もちろんそんなことはありません。

例えば家族の中で一番の稼ぎ手に何かあった時、保険に入っていると保証がもらえて安心感があります。
生きている上での不安は尽きません。結婚して所帯を持つ時。子どもを授かった時。マイホームの購入時。自分の親の年齢や健康が気になった時。自分の老後について考えた時。そこに保証があるという安心感は大きなものです。実際支払われてみると、そのありがたさがわかります。

ただ大切なのはその保険が自分に合っているかどうかという部分です。結婚や出産など生活が変化する時は、収入や支出が大きく変化する場合がほとんどです。
その時入っている保険は、本当に自分に必要な保険なのか。保険に入っていなくてもこの先、なんとかなるのか。
自分の入った保険はどのようにして加入したのか。親に勧められて入ったのか。お付き合いで入らなければならなかったのか。保険会社の営業さんに勧められて、説明もわからず入ったのか。そうして、その保険は今必要なのか、考えたり、相談することが必要なのです。

Next